• Jikken-Cosme

薬用化粧品って効果があるの?

化粧品売り場でよく見る、薬用化粧品や医薬部外品。これって良く効くってことなの?? Jikken-Cosmeがお答えします!




はじめに

化粧品売り場に販売されている製品の中によく見かける「薬用化粧品」の文字。

「薬用ってことは薬の医薬品なのかしら?」

「どうみても薬ではなくて化粧品よね」

「普通の化粧品と薬用化粧品って何が違うのかしら?」

と、思われたことはありませんか?



実は

この薬用化粧品、別名は「医薬部外品」と言います。

「薬用化粧品」イコール「医薬部外品」

薬の化粧品という名称がついていながら、

一方では医薬品ではない品という名称がついているこの不思議な製品。


これは一体全体どういうことなのでしょうか?



医薬品・医薬部外品(薬用化粧品)・化粧品の違いとは?

では、薬用化粧品 (以下医薬部外品と呼ぶことにします)は、医薬品・化粧品と何が違うのでしょうか?

それは、人体に与える効果・効能の大きさで分けられています。


効果・効能の大きい順に、

医薬品→医薬部外品→化粧品

と法律で定められています。



では、詳しく見てみましょう。


医薬品は、

・この3つの中で一番効果・効能が大きい

・病気の治療を目的に使われる

・使用にあたっては医師または薬剤師に相談が必要


医薬部外品は、

・化粧品と医薬品の中間の効果・効能を持つ

・化粧品よりも取り扱いに注意が必要

予防効果が望める

・医師・薬剤師の相談は不要。化粧品と同様に購入できる


化粧品は、

・この3つの中で一番効果・効能が穏やか

・爪や髪などの手入れや保護に使われる

・誰もが簡単に購入・使用できる



医薬部外品とは、病気が治療できるまでの効果は持たないけれど、化粧品にはない予防効果があったり、取り扱いに注意が必要なものなのですね。


医薬部外品(薬用化粧品)は本当に効果があるの?

では、医薬部外品には具体的にどんな効果が期待出来るのでしょうか?

具体的に医薬部外品の謳える効能・効果の範囲を見てみましょう。


via 薬事法ドットコム

こちらは、医薬部外品として扱える製品の一部抜粋です。

効能・効果の謳える範囲を具体的に見てみましょう。


写真の一番上、「化粧水」の部分右側をご覧ください。


医薬部外品の化粧水として謳える効能・効果の一部には、

・あせも、しもやけ、あかぎれ、ひび、ニキビを防ぐ

・日焼けによるシミ・そばかすを防ぐ

・日焼け・雪焼け後のほてりを防ぐ

と、記載されています。


これらの上記に挙げた効能・効果、実は、「化粧品」分類の化粧水では謳えないんです。

つまり、「医薬部外品」のみに謳えるプラスアルファの効果になんですね。


まとめ

販売されている化粧品売り場の製品には、

中には「医薬部外品」や「薬用化粧品」などの表示があるものがありますね。 


これらの医薬部外品は、化粧品と医薬品の中間に当たるもの。

定められた効果の範囲で化粧品よりも効果があると言えるものだったのですね。


化粧品と医薬部外品の違いを知って、より効果的にお肌のお手入れが出来るといいですね。

閲覧数:16回0件のコメント

最新記事

すべて表示
D1−4.png