• Jikken-Cosme

洗いすぎは良くない??今注目のオールインワン洗顔料の効果はいかに!?


正しいスキンケアって??

正しいスキンケアとは何でしょうか?

”しっかり汚れを落とさないといけない。” と言われていた時代もありましたが、最近では、

”汚れはしっかり落としつつ、肌に必要な皮脂まで落としてしまうのはよくない。” という風潮があります。

常在菌という言葉がはやってきたのも、ここ最近です。

過度な洗浄、過度なケアから一変、シンプルケアに流れが変わってきました。 さらに、「時短」を求める声も大きくなってきました。

シンプル+時短 = オールインワン化粧品 と、オールインワンは今の時代に合った化粧品なんですね。

そしてBBクリームから始まった時短ケアは、オールインワン美容液となり、 ついに洗顔までも出来るようになったのです!!

オールインワン洗顔料って??

オールインワン洗顔料とは、その名の通り、

洗顔をするだけでスキンケアもできちゃう!

という商品ですが、逆の発想の商品もあります。つまり、

スキンケアだけど、余分な皮脂・汚れも落としちゃう!!

という商品です。

前者の場合は、洗顔料がベースとなっていますが、後者は化粧水や美容液、マスク製品に当てはまります。

そこで今回は、下記4商品をピックアップして、

1.本当に汚れは落ちるの?? 2.ちゃんと保湿ケアはできてるの??

の2点を本格的な試験方法でチェックしてみました!!

評価した製品はこちら!!

まず、”洗顔料だけど、スキンケアもできちゃう”代表として、

1) 株式会社外池酒造店の 「白米発行® 酒粕洗顔料」


こちらは、洗い流すタイプの洗顔料で、注目度No 1、こだわりのオールインワン洗顔料として発売されています。

そして、洗い流さない洗顔料代表として、

2) 株式会社フォルテの 「穂 mi.no.ri. (みのり) クレンズミスト」

こちらは、ふき取り洗浄料です。たっぷりとこのミストをしみこませたコットンでお肌をやさしく撫でます。 まるで化粧水をつけているような使用感です。

最後に、”スキンケアだけど、余分な皮脂・汚れも落とせちゃう”代表として、

3)株式会社スタイリングライフ・ホールディングスの 「サボリーノ 目ざまシート フレッシュ果実のホワイトタイプ」

時短製品を数多く発売する同社の商品!塗布からふき取りまで60秒で完了という、マスク商品とは思えない短い塗布時間が魅力です。

同じマスク商品だけど、ボタニカルをうたっている 4)ステラシード株式会社の 「BOTANICAL ESTHÉ BOTANICAL SHEET MASK」

使い方は、サボリーノとほぼ同じ。でも5秒だけこちらのほうが塗布時間が短いんです! ボタニカル成分と5秒の差はあるのか???

さぁ、実験してみましょう!!


こんな実験をしてみました!

オールインワン洗顔料。

1番気になるのは、ちゃんと汚れはおちるのか??ということ。 汚れが落ちなかったら、ただのオールインワンスキンケアです。

なので、100%オイルのファンデーションがどれだけ落ちるのか、 顕微鏡を使って確認してみました。

次に気になるのが、スキンケア効果です! 洗顔後、ちゃんとしっとり保湿ができているのか??をチェックするために、

研究所で使用されている精密な測定機器を使って、肌の水分量を確認してみました!

はたして、汚れも落ちてしっとり肌も作れる商品はどれだったのでしょうか???


汚れ落ちチェックの結果

製品を使う前と後で、腕に塗ったファンデーションはどれくらい落ちたでしょうか???




洗顔料タイプの酒粕®洗顔料は、 今回の実験では”流水で洗い流さずに、ひたひたに濡らしたコットンで拭き取る。” という、通常とは若干違う使い方だったせいか、皮溝の汚れが残った結果に。

穂 mi.no.ri.(みのり)クレンズミストは、化粧水と同じように一般的な使い方を しただけなのに、結構汚れが落ちてます

マスクタイプのサボリーノとBOTANICALは、一分間塗布してたこともあり、 よごれがマスクに吸着したのか、こちらもよく落ちています

サボリーノのほうが、若干きれいになっているのかな??

ということで、洗顔=洗い流すというイメージがありますが、 洗い流さなくても、汚れは結構落ちることがわかりました。

保湿効果はこうなりました!

保湿効果では、よりはっきりと差がみられました。

洗顔料タイプである「酒粕®洗顔料」は、 スキンケアタイプにはやっぱりかないませんでした。

しかし一般的な洗顔料は、洗顔後保湿力が下がりますが、 この「酒粕®洗顔料」は、保湿量をキープしていますので、保湿のある洗顔料としては ちゃんと効果があると思います!

安定の保湿感を見せてくれたのは、マスクタイプの商品達! ぐーーーんと水分量がアップしました!

同じマスクタイプでも「BOTANICAL」のほうが、より高い水分量を出しました! 塗布時間は5秒短くても、高い保湿力を示せたのは、成分が良いからか?!

びっくりだったのは「穂 mi.no.ri.(みのり)のクレンズミスト」です。 化粧水のような使い心地にもかかわらず、 マスクタイプと同じくらいの高い水分量を示しています!!

一般的な化粧水だと、保湿力はそこまで上がらないこともあるので、 ”穂 mi.no.ri.(みのり)のクレンズミスト”の保湿力はなかなかのものです。

オールインワン洗顔料の試験結果

まだ商品数が少なく馴染みの薄いオールインワン洗顔料ですが、 洗い流さなくても、結構汚れも落ちることが分かりました。

洗いすぎや乾燥が気になる方は、 朝の洗顔をオールインワン洗顔料に変えて見るのも良いかもしれませんよ!


閲覧数:4回0件のコメント
D1−4.png