• Jikken-Cosme

雑誌の付録コスメを人気のプチプラコスメと比較!


コスメがついてくる雑誌が多いけど、使える代物なの?!

15年ほど前から始まり、まだまだ続く雑誌の付録ブーム。

付録ブーム当初はカバンの付録が多かったです。 最近はカバンのみならず色々なものが付録としてついてきますよね。

その中でも急激にここ一年くらいで増えたのがコスメの付録!

1000円以下のお値段で雑誌本体と化粧品がついてくるなんて驚きですよね。

そのからくりは、以前「どうして雑誌の付録に、あの値段で、あんなに豪華な化粧品がつけれるの?でも紹介した通りなのですが、

「じゃあ、実際に普段使いできる代物なの?!」

と、気になります。

JELLY9月号の付録コスメ・コスメ単価U150円の衝撃価格。

様々な雑誌の付録として化粧品がついてきますが、やたらに豪華な付録コスメを見つけてしまいました!


JELLY 9月号 です。

付録は、EMODAコスメ豪華6点セット。

・グラデリップ ・コントロールカラー ① ・コントロールカラー ② ・カラーライナー ・カラーマスカラ ・アイシャドウ

これだけついて雑誌本体と合わせて890円。

付録のコスメのみで単価を考えても、コスメ一個148円、150円を切るお値段。

豪華すぎて逆に実際に使えるものをつけてくれているのか心配になってしまうのは私だけではないはずです・・・

付録コスメと人気のプチプラコスメを比べてみました

先ほど紹介したJELLY9月号。 付録としては珍しくアイライナーがついていました。

プチプラコスメの中でも口コミ上位のニュアンスカラーのアイライナーと付録コスメを比較します!

使用したプチプラコスメはこちら。


①MAYBELLINE(メイベリン) 「アイスデュオ スリム ライナー」 03ボルドー

②Vise(ビシェ リシェ) 「カラーインパクト ジェルライナー」 BR301

③Love Liner(ラブライナー) 「ペンシル アイライナー」アッシュブラウン


付録コスメVS人気プチプラコスメ ペンシルの形状は?

実際使う時にペンシルの太さって気になりますよね。

一番細かったのは、 ①MAYBELLINE(メイベリン) 「アイスデュオ スリム ライナー」 03ボルドー

楕円で調整できるようになっていたのは、 ③Love Liner(ラブライナー)「ペンシル アイライナー」アッシュブラウン

四本の中で一番太目のつくりだったのが、 ④JELLY 9月号付録 EMODA カラーライナー

でした。

かき心地・発色・質感は?


それぞれのペンシルの質感・発色を分かりやすいように、塗ってみました。 (縦・横10回ずつの塗布)

ペンシルの書き心地が柔らかだったのは

③Love Liner(ラブライナー) 「ペンシル アイライナー」アッシュブラウン

発色が一回塗布ではっきりしていたのは、 この2製品 ②Vise(ビシェ リシェ) 「カラーインパクト ジェルライナー」 BR301

③Love Liner(ラブライナー) 「ペンシル アイライナー」アッシュブラウン

質感がマットなのは、 この2製品

①MAYBELLINE(メイベリン) 「アイスデュオ スリム ライナー」 03ボルドー

④JELLY 9月号付録 EMODA カラーライナー

質感がツヤなのは、 この2製品

②Vise(ビシェ リシェ) 「カラーインパクト ジェルライナー」 BR301

③Love Liner(ラブライナー) 「ペンシル アイライナー」アッシュブラウン

でした。

まとめ

今回比較実験した JELLY 9月号付録 EMODA カラーライナーは、

・ペンシルのかき心地は他と比べてやや硬め ・ペンシルの太さは若干太い程度 ・発色は重ねるとキレイに

口コミ評価の高いプチプラコスメ群と比較すると、やや改善の余地があるかも?!

という感じですが、ツヤ感のあるキレイな発色はこの夏にピッタリ!

プチプラよりもさらにお得に、ワンシーズンの割り切り一点投入であれば充分な代物ではないでしょうか。

閲覧数:1回0件のコメント
D1−4.png